光脱毛に利用される光

Permalink

光脱毛は複数の光を利用して広範囲に脱毛するという方法です。レーザー脱毛のように単体の光を利用するというものではないので、照射強度としてはレーザー脱毛よりも低くなりますが、痛みも少なくレーザーと比較してリーズナブルに処理できる方法として人気があります。

光脱毛は複数の光を利用するといってもどんな光でもいいという事はなく、通常、インテンス・パルス・ライトという一定の波長を基準として複数の光を利用しています。インテンス・パルス・ライトという光はメラニン色素に働きかけるという特徴をもっています。つまり、広範囲に照射しても、ムダ毛に含まれるメラニン色素だけに反応する光を複数利用しているので、他の皮膚を傷めることなく処理できるのです。

ムダ毛の毛根部分にメラニン色素がありそこに働きかけることで、毛根を破壊、毛母細胞も破壊できるので、ムダ毛を根元から処理できるという光なのです。この光を利用して効果的にムダ毛を処理するためには、光の力だけではなくむだ毛の成長サイクルに合わせて行う必要があります。そのため、2ヶ月から3ヵ月という期間を置いて、定期的に、1年から2年かけて処理を行っていくという作業が必要となるのです。