光脱毛の仕組み

徐々に細く弱くなっていく

Permalink

光脱毛は処理してからぬけおちるまでタイムラグがあるといわれます。インテンス・パルス・ライトを照射し、毛周期に合わせて成長期のムダ毛を脱毛する、期間を空けてまた成長期となったムダ毛に照射する、こうしたことを繰り返し行って、一般的に1年から2年くらいかけて処理していきます。

レーザー脱毛の場合、光の照射強度が高いのでこの回数が少なくなりますが、光脱毛の場合、照射強度がレーザーよりも低いので回数が多くなります。今成長期のムダ毛を処理し、次にまた成長期になってムダ毛を処理する、この時1回の照射ではしつこく生きているムダ毛もあります。

その毛についても次回しっかり光を当てることで次第になくなっていきます。1回の照射でぬけおちなくても、確実に前より細く弱くなっていくので、その先は光を照射するたびに、どんどん毛が抜けていくことになるでしょう。

光では照射強度が弱いので、すべての毛母細胞、毛乳頭を破壊する事が出来ません。そのためまたその細胞が弱々しく細いムダ毛でも成長させてしまうので、それをまた毛根から破壊するという事を繰り返すのです。時間がかかりますが、キレイに脱毛できるという点と、痛みなどもあまりなくストレスを感じることなく脱毛できるので、光脱毛は人気があります。少しでも通いやすいように出来るだけ駅の近くや買い物ついでに気軽に行けるような店舗探しをしておくと良いでしょう。

ちなみに大阪在住の方には、大阪北新地の脱毛エステが人気があります。買い物帰りや仕事帰りに出やすい駅ですので、脱毛の為だけにそこへ行く、というよりは何かのついでや帰りがけにちょっと寄るといった感覚で脱毛できます。脱毛を完了するまでの長い道のりを少しでも楽に出来るように自分の通いやすい地域でのお店選びが大事になってくるでしょう。

毛周期を考慮した処理

Permalink

ムダ毛も頭髪、つまり髪の毛も、人の体に生えている毛は、毛周期というサイクルをもっています。毛が生まれて成長して、抜け落ちていくという毛の一生です。この毛周期は光脱毛にとって非常に大切な事となります。

毛周期の成長期は毛が誕生し成長する期間です。退行期は成長が終わった毛が抜け落ちる期間です。休止期は次の毛が成長する前の準備期間です。光脱毛で光を照射するのは、成長期の毛、つまり、毛が成長途中の毛です。この成長途中の毛に光を当てることで、最も効果的に毛を脱毛できるのです。

成長期のムダ毛に光を照射すると、じわじわと毛がぬけおちます。それから次回は2ヶ月から3ヵ月経過して行います。すると以前、準備期間だった休止期のムダ毛が成長期になり生えてきています。その毛について処理します。また2ヶ月から3ヵ月位おいて照射します。するとまた以前休止期だったムダ毛が成長期になり、そこに照射する事でムダ毛の処理ができるのです。

こうした毛周期に合わせたサイクルで光脱毛を行う事で、最終的にはすべてのムダ毛を処理でき、しかも生えてこなく刷る事が出来るのです。最近は急ぎで1ヶ月おきに処理するという事もサロンによっては行われていますが、時間がある方はゆっくり、丁寧に脱毛する方が肌の為にもいいでしょう。

光脱毛に利用される光

Permalink

光脱毛は複数の光を利用して広範囲に脱毛するという方法です。レーザー脱毛のように単体の光を利用するというものではないので、照射強度としてはレーザー脱毛よりも低くなりますが、痛みも少なくレーザーと比較してリーズナブルに処理できる方法として人気があります。

光脱毛は複数の光を利用するといってもどんな光でもいいという事はなく、通常、インテンス・パルス・ライトという一定の波長を基準として複数の光を利用しています。インテンス・パルス・ライトという光はメラニン色素に働きかけるという特徴をもっています。つまり、広範囲に照射しても、ムダ毛に含まれるメラニン色素だけに反応する光を複数利用しているので、他の皮膚を傷めることなく処理できるのです。

ムダ毛の毛根部分にメラニン色素がありそこに働きかけることで、毛根を破壊、毛母細胞も破壊できるので、ムダ毛を根元から処理できるという光なのです。この光を利用して効果的にムダ毛を処理するためには、光の力だけではなくむだ毛の成長サイクルに合わせて行う必要があります。そのため、2ヶ月から3ヵ月という期間を置いて、定期的に、1年から2年かけて処理を行っていくという作業が必要となるのです。

光脱毛、その他の脱毛

Permalink

光脱毛は今一般的な脱毛となりつつあります。光を利用して広範囲に脱毛できる画期的な方法として認識されています。光脱毛はフラッシュ、IPL脱毛等名前の違いがありますが、いずれも、簡単にいうと複数の光を利用して行う脱毛方法で、広範囲に効果的に脱毛できるとして、多くの方が利用されています。

脱毛というとレーザー脱毛、ニードル脱毛があります。レーザー脱毛は皮膚科やクリニックなどで行うもので、医療用レーザーを利用した脱毛です。単体の光を利用しメラニン色素を破壊するという方法で、非常に効果的な方法ですが、痛みを伴うという点と費用が光脱毛よりも高くなるというデメリットもあります。

レーザー脱毛や光脱毛の前に主流だった脱毛方法というと、ニードル脱毛があります。この方法は、ムダ毛処理する毛穴1本1本に極細い医療針を入れて、毛根に微弱電流を流し毛根を焼き切るという方法です。毛穴1本ずつを処理していくという方法なので、脱毛の処理の中で最も効果が高いといわれます。ただ、かなり痛みがあり中には途中で痛みに耐えかねてやめてしまう方もいます。また施術にかなりの時間がかかるという点と、費用が高いという事もデメリットです。

光脱毛はこうした他の脱毛から考えると、費用的にも低いですし広範囲に処理できるという事、レーザーより回数が多くなりますが、サロンなどで行う施術となる為、ケアなどもしっかりしていて、美肌になるなどの効果も期待できます。当サイトはこの光脱毛について、詳しくその仕組みを紹介します。当サイトの情報がみなさまにとってよい情報となれば幸いです。